新型コロナウイルス感染症対策へのご協力をお願いします

お心当たりのある方は事前に関係機関へ相談してください

発熱やせき・息切れ、強いだるさ(倦怠感)などの症状があり、新型コロナウイルスの感染が疑われる方は、受診する前に、必ず最寄りの帰国者・接触者相談センターもしくは医療機関に電話で相談し、指示を受けていただきますよう、よろしくお願いいたします。

帰国者・接触者相談センター(さいたま市)
さいたま市保健所(感染症対策)

TEL 048-840-2220

新型コロナウイルスを含む感染症対策の基本は、「手洗い」と「マスクの着用を含む咳エチケット」です。さらに、日本眼科学会と日本眼科医会から、新型コロナウイルスによる結膜炎の感染予防のため、手で直接目を触らないといった対策も有効と発表されています。

眼からの感染を防ぐために、メガネの着用をお勧めしています。コンタクトレンズを着用している方にも伊達メガネの着用をお勧めします。

※新型コロナウイルスが鼻や口の粘膜だけでなく、眼からも感染し得ると、世界五大医学雑誌のひとつである「The Lancet (2020年2月6日付)」に、中国・吉林大学眼科のCheng-Wei Lu氏らのコレスポンデンスが掲載されました。